アウトドアメディア戦略 Outdoor media strategy

株式会社タップのアウトドアメディア戦略視認範囲×交通量×訴求力で街は生きたメディアになる。

時代を映し出し、都市空間を彩るメッセージ

時代を映し出し、都市空間を彩るメッセージ
時代を映し出し、都市空間を彩るメッセージ

きらびやかに輝くネオンサインや色鮮やかなポスターボード…。
街でふと顔を上げれば、私達の視界には様々な広告媒体からメッセージが飛び込んできます。建築物の屋上や壁面に設置されるそれらの屋外広告メディアは、いつの時代も街の表情に彩りを加え、行き交う人々のにぎわいを演出してきました。誰の目にも触れる屋外広告は、都市空間の景観にも少なからず影響を与える、きわめて公共性の高い広告メディアのひとつです。
商品・サービスに込められた最新のメッセージを常に街で発信できるという特長も手伝い、屋外広告はいわば「我が国の市況を映し出す“鏡”」に近い存在と言えるのではないでしょうか。

そんな屋外広告の世界にあって、当社は1977年の設立以来、ネオンサインをはじめとする数々の大型屋外広告を企画・立案し、その設置までプロデュースしてきました。

広告スペースをご提供いただく建築物の所有者様と広告主様との橋渡し役となり、日々、お客様の事業発展の一助となるべくサービス向上に邁進しています。
広告手法のトレンドは刻一刻と変化しています。具体的な訴求内容にとどまらず、広告媒体そのものの形態も時代の変遷に従って進化してきました。そんな移り変わりの早い業界のなかでも、当社は常にお客様のニーズを敏感に察知しながら、最適な屋外広告をご提案できる広告代理店でありたいと考えています。
その思いを支えるのは、移りゆく時代の波にあっても「最良の広告スペースを見つけ、それをご提供する」という不変の事業スタンス。
今後も物件所有者様と広告主様の双方にご満足いただける事業展開を図るとともに、街の景観を彩るメディアの担い手であることを自覚し、都市空間のさらなる発展に寄与できる集団であり続けることをお約束いたします。